バイナリーオプションで失敗しない人はいるのか

バイナリーオプションで、失敗しない人とはいるのだろうか。
ここで言う失敗しない人は、取引で負けを知らない人をまず想定してみよう。
そう考えると、勝率50%の内、勝ち続けて、負けを知らない人なんていないと思います。
バイナリーオプションの取引は、どんなプロの方だって、必ず負けますし、100%予想を当てられる人なんている訳がありませんので、まず、この問題に関しては、失敗しない人はいないという決断に至る。

次に、バイナリーオプションの取引をトータル的にみて、利益がプラスになっている人ならどうだろうか?
最初に投資した資金よりも、バイナリーオプションのトータル利益が、上回っているならば、それは、失敗ではなく、成功という事になりますよね?
と考えると、何回、バイナリーオプションの取引で、失敗しようと、トータル的に利益を上げていれば、それは、失敗ではないという事です。

なので、バイナリーオプションの取引では、まず、いくらの売上を上げたいのか目標を決めて、それまでに使える資金用意し、その資金が尽きるまでは、一応、バイナリーオプションを続ける。
元での資金を減らさずに、自分で決めた期間内で、目標の売上を達成した時点で、それは成功。
目標期間までに自己資金を溶かしてしまえば失敗。これが、バイナリーオプションで失敗しない人の定義だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です